コンジローマに感染した場合の対処法と血小板の病気

血小板減少を示す疾患としては再生不良性貧血や急性白血病などがありますが、難病の中には血小板減少性紫斑病と呼ばれるものがあり、この病気は血小板が減少することで皮下出血のアザができやすくなるもので、様々な原因があるとされていますが、この病気は2歳くらいまでに発症することが多いので命にかかわる可能性もあります。コンジローマは性器に対してHPVが感染する病気で一般的にはセックスやそれに相当する行為によって感染しますが、一定の潜伏期をおいて発症するのでその間にパートナーもコンジローマになっている場合があるので検査の必要があります。コンジローマはセックスをすることで性器から性器にうつるのが一般的なのでイボ状の腫瘍も性器の周辺にできることが多いとされています。この腫瘍は下着などでこすれることで出血をするので、そこから二次感染を引き起こすことが多いとされています。自覚症状としては先の尖ったイボ状の腫瘍が特徴的で、男性の場合は亀頭にできることが多いので、違和感を感じて性病科の診察を受けることが多いとされています。女性の場合は膣、子宮頸部にイボ状の腫瘍が発生するので、男性に比べると発見が遅れてしまう傾向があります。治療方法としては亀頭にできている場合には外科手術によって切除することが多いのですが、再発する確率が2割以上なので、一度切除してももう一度腫瘍ができることがあります。この腫瘍は良性なので再発しても問題はありませんが、ごくまれに悪性化する腫瘍もあるので、検査をしてコンジローマウイルスのタイプを調べておく必要があります。コンジローマウイルスは様々なタイプがあるので、それを特定することでリスクを知ることができます。