コンジローマ~手遅れになる前に~

コンジローマは痛みがほとんどありません。だからといって、安全であるとは限りません。

コンジローマで手遅れになる前にのイメージ画像

コンジローマはパートナーの治療も必要

尖圭コンジローマは、性感染症の一つです。
感染者は若い女性が中心です。
潜伏期間が長く、再発率も高いので、感染経路が特定し難いという特徴があります。
感染から自覚まで、3週間から8ヵ月の潜伏期間があります。
また、女性が感染すると、子宮頸癌のリスクが高くなるので、早期治療が重要になります。

症状は、男女ともに性器や肛門の周辺にイボができます。
痛みや痒みなどの自覚症状がないことが多いので、進行に気付かなかったり、パートナーが感染することも多いです。
病気が進行してイボが大きくなると、痛みや痒みを感じるようになります。

尖圭コンジローマの治療は、凍結療法、軟膏塗布、電気メスによる切除などの方法があります。
自分が感染しているときはパートナーも感染していることが多いので、コンジローマはパートナーの治療も必要になります。
最も有効な予防法は、毎回必ずコンドームを使用することです。
ただし、途中から使ったり、使い方が間違っていると感染することがあるので注意が必要です。
また、性器や肛門の周囲を定期的にチェックし、疑わしい時は早めに病院へ行くことが大切です。
また、女性はワクチン接種でも予防することができます。
ただし、感染前に接種しないと効果がありません。