性病の尖圭コンジローマを悪化させないようにする

尖圭コンジローマは、ヒトパピローマウイルスが肛門や性器に感染して起こる性病です。
肛門や性器の周りに大小のイボのようなブツブツができます。
イボがたくさんあるような状態になる原因は、ヒトパピローマウイルスが、細胞や粘膜を増殖させてしまうからです。
ヒトパピローマウイルスは、女性の8割が1度は感染すると言われるくらい、ありふれたウイルスです。
しかし、ウイルスの種類によっては、男性なら陰茎がん、女性なら子宮頸がんになる危険もあります。
ヒトパピローマウイルスは、種類が100種類以上あります。
大きく分類すると、将来がんになる危険が少ないタイプと、将来がんになる危険があるタイプに分けることができます。
将来がんになる危険が少ない低リスク型のヒトパピローマウイルスは、尖圭コンジローマなど良性腫瘍の原因となる可能性があり、高リスク型のヒトパピローマウイルスは、悪性腫瘍の原因となることがあります。
ヒトパピローマウイルスは、セックスで感染することが多く、粘膜にできた傷や、皮膚から入り込み感染します。
コンドームを付けてセックスをしたとしても、ウイルスが広い範囲に広がってしまっている場合、カバーできずに感染する可能性があります。
また、母親が尖圭コンジローマに感染している場合は、赤ちゃんが産道を通る時に感染し、呼吸器乳頭腫症を発症することもあります。
呼吸器乳頭腫症は、再発することが多く、症状が悪化すると命にかかわることもあります。
性病にかかったことが判明したら、母子感染に注意し、症状が悪化しないように気を付ける必要があるのです。
尖圭コンジローマは、感染してイボができても、痛みやかゆみなどの自覚症状がないため、気付いた時にはイボの数が増えてしまっていることがあります。
性病の悪化を防ぎ、他者への感染を防ぐためには、医師に症状を診てもらい、早めに治療を行う必要があります。